ホーム

今月のお言葉 7月   

 

 

  手枕の 児にちからなき 団扇かな   井上井月

 

  最近街中で携帯のハンド扇風機を手にして歩く若者を目にしますが、私も暑くなるとついクーラーや扇風機にたよってしまいます。

  先日、第一生命の方から竹製の団扇を頂きました。さっそく手に取って軽くあおいでみると、竹の持つしなやかさが柔らかい風を起こしてくれました。冷たいクーラーの風とは違い、なんともいえない心地よさで、昔縁側で蚊取り線香を焚きながら、団扇をあおいで涼んでいた頃をふと思い出しました。団扇をあおぐと忙しさを忘れ時間がゆっくり流れているように感じました。これから夏本番を迎える前に、あらためて竹製の団扇のよさを知りました。

 

 

 

                        

                                           

                                              

                                                                                                        

 

            お問い合わせ