年間行事

行事 行事の由来
3 お彼岸法要  「彼岸」とは、こちら側の岸(現在私たちがいきている世界)に対する、向こう側の岸、つまり極楽浄土を意味します。
 行事としても「お彼岸」は、春分と秋分の日を中日(ちゅうにち)とする前後3日間の計一週間に行われます。法然上人が浄土宗を開く上で師と仰いだ中国の善導大師(ぜんどうだいし)が「春分と秋分の日には太陽が真西に沈むので、日没の彼方にある極楽浄土を想い、敬慕の心をもつべきである」と説いているように、太陽の沈む方角に向かって、極楽浄土に往生したいと決意を新たにするのが「お彼岸」なのです。
05__DSCF0989
7 おせがき法要

 施餓鬼会(せがきえ)は、各宗派で行われる行事で、誰からも供養してもらえない餓鬼に飲食(おんじき)を施し、供養することを第一の目的とします。
 お釈迦さまの弟子の一人である阿難尊者(あなんそんじゃ)の前に、口から火を吐き、やせおとろえた恐ろしい姿の餓鬼が突然あらわれました。餓鬼とは、生前の物惜しみや嫉妬などの行いの報いで、飲食が自由にならず、飢えに苦しむ世界に堕(お)ちた亡者のことです。
 その餓鬼が阿難に「おまえは3日後に死に、餓鬼の世界に生まれる」といい、「助かりたいなら無数の餓鬼に施(ほどこ)しと供養をしろ」と告げました。驚いた阿難が、お釈迦さまに相談をしたところ、お釈迦さまは餓鬼の供養の作法を阿難に授けました。
 阿難はお釈迦さまがおっしゃったとおりに餓鬼に飲食を施し、供養を行うと、餓鬼は極楽に転じ、阿難は福徳を増し、寿命を延ばすことができたということです。

20150818_01

 

8 お盆法要
9 お彼岸法要  「彼岸」とは、こちら側の岸(現在私たちがいきている世界)に対する、向こう側の岸、つまり極楽浄土を意味します。
 行事としても「お彼岸」は、春分と秋分の日を中日(ちゅうにち)とする前後3日間の計一週間に行われます。
 この一週間は、日常の生活を反省し、布施(ふせ)・持戒(じかい)・忍辱(にんにく)・精進(しょうじん)・禅定(ぜんじょう)・智慧(ちえ)という六波羅蜜(ろくはらみつ)の行を修める実践週間としても意味づけられています。
 国民の祝日に関する法律には、春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」、秋分の日は「祖先をうやまい、亡くなった人々をしのぶ」日とされています。
05__DSCF1442
12 お十夜法要  10月から11月にかけ、多くの浄土宗寺院で営まれるお十夜(じゅうや:法要)は、浄土三部経の一つ『無量寿経』に、「この世で善い行いを十日十夜(じゅうにちじゅうや)することは、もろもろの仏の国で千年の善い行いをすることよりも勝れている」と説くことに由来しています。つまり『お十夜』とは“十日十夜”の略であり、究極の善行であるお念仏を十日十夜の間、おとなえする法要なのです。
 その起源は15世紀。京都真如堂(しんにょどう:真正極楽寺[しんしょうごくらくじ]・天台宗)で始まり、浄土宗では明応4年(1495)、後土御門(ごつちみかど)天皇の招きで、鎌倉・大本山光明寺9世観誉祐崇(かんよゆうそう)上人が宮中で『阿弥陀経』の講義を行った後、真如堂の僧とともに十夜法要に参加し、天皇の勅許を得て光明寺で厳修したことが始まりです。