法然上人25霊場めぐり

写真01 写真02

第20番札所『誓願寺』を訪れました。パンフレットには、平安時代、有名な清少納言と和泉式部が念仏して極楽浄土をとげたお寺とあります。また、五十五世安楽庵策伝上人は、文人や茶人としての才にも優れ、教訓的で、オチのある笑いを集めた「醒睡笑」は、後世に落語のタネ本となり、上人「落語の祖」と称されています。

明治時代、境内地を没収され、新しい街・新京極となり、人通りも多い繁華街に位置していますが、本堂は清浄さただよい、参拝者が途絶えることがありませんでした。

 

                                                                                                       平成31年4月 生往寺 総代