春一番

H31年3月原稿1 H31年3月原稿2 H31年3月原稿3 H31年3月原稿4

春一番が吹いた2月19日、“梅一輪一輪ほどの暖かさ”の句を口ずさみながら、北九州総合農事センターに行ってきました。

枝垂れ梅が、優美、豪華絢爛に咲き誇り、あたりにふくよか香りを放っていました。並木にしたてられた枝垂れ梅は、紅色と白色の調和がすばらしく、豪華さを競い合うようで、見応えがありました。

丘のふもとの梅林では、鶯宿(おうしゃく)、王英(ぎょくえい)などの素敵な名まえの梅達が、古色蒼然、根は太く枝を大きく広げ、花を小枝の先端にまで咲かせていて、大きな「自然の屏風絵」の風景が広がり感動しました。

                                                                                                  平成31年3月   生往寺檀信徒