圓光大師(法然上人)二十五霊場めぐり

DSC08515東大寺阿弥陀様  DSC08513 11月東大寺法然上人図

第十一番札所 東大寺指図堂

機会を見つけて、圓光大師二十五霊場めぐりをしています。

 東大寺復興に携わっている重源上人の招きを受けた法然上人は、重源上人が

中国から持ち帰った善導大師の影像を前に浄土三部経を講じこれを機に専修

念仏への信仰を深めた、といわれる東大寺を10月に訪ねました。

堂内には阿弥陀様と、墨染めの衣で念珠を掛け合掌される法然上人(画像)がまつられていました。法然上人の目は、きらりと光りながらもやさしいお顔で、足元はわら草履です。上人の飾らないお人柄の中に、浄土宗宗祖としての厳しさが重なりました。

法然上人の真正面で、夫婦で一枚起請文を大声で唱えました。

職員の方から法然上人と指図堂のお話をうかがいました。指図堂をしっかり護持されておられ、感謝の気持ちでお別れしました。

 

                                                                                                   平成29年11月     生往寺檀信徒総代