戸畑衹園大山笠

―ユネスコ無形文化遺産登録―

提灯大山笠2 ②競演会(幟)1

北九州市には大里電照山笠、小倉祇園太鼓、戸畑衹園大山笠、若松五平太ばやし、黒崎祇園山笠など伝統の夏祭りが沢山あります。

私が小さいころから慣れ親しんだ戸畑衹園大山笠行事が、2016年12月に全国33件の「山・鉾・屋台行事」の一つとしてユネスコ無形文化遺産に登録されました。最大の特徴は、格調高い昼の幟大山笠が「五段上げ」の美技を経て、光のピラミッドと呼ばれる幻想的な提灯大山笠へと姿を変えることです。

12段309個の提灯が積みあがった提灯大山笠は、数百人の担ぎ手が交替しながら、鉦や太鼓のお囃子に息を合わせ、手を振り子に、足並みを揃え、「ヨイトサ!ヨイトサ!」と威勢の良い掛け声を張り、豪快に運行してゆきます。

今年の大山笠競演会は、7月22日(土)に戸畑区役所前で執り行われます。

8月5日(土)は北九州市役所前「わっしょい百万夏まつり」会場に市内の山車が勢ぞろいし夏まつりは最高潮に!(写真・資料提供は戸畑区役所総務企画課)

 

                                                                                                                    平成29年7月 生往寺檀信徒