春彼岸法要

pict_2  pict_4

 陽春の3月26日(日)、100名を超える檀家の皆さまが一堂に会して「春彼岸法要」が執り行われました。安永ご住職と4名の僧衆による読経が本堂に響き渡る中、私どもはご住職から一人ひとり「塔婆」をいただき、ご先祖様・亡き人への供養に務めました。母親の傍らで正座し、両手を合わせる4歳の女の子の様子が座を温めました。

ご住職による法話は、彼岸の日の大切さを説かれ、いくつかの事例に感動しました。檀信徒会館でのおときの時は、それぞれの座席で話が弾んでいました。今年もご住職のもとで、檀信徒の皆さんとの和と協力に努めます。

                                                                                                                          平成29年4月 生往寺総代