露の身は

ピンク色の蓮  蓮の花白

10数年にわたり生往寺檀信徒会婦人部で献身的にご奉仕されたK子様は、私たちにたくさんの思い出を残してお浄土に旅立たれました。

岡山の法然上人誕生寺参り、知恩院参り・五重相伝、善導寺参りなどいつもご一緒いたしました。知恩院での奉仕活動の折、境内の落ち葉や縁側を一心に掃き清め、疲れも見せず「すがすがしいね」とにっこり。山門の急な楼上に、元気印でなんと一番乗りでした。

法要前に行うお掃除には遠方にもかかわらず、体調崩されるぎりぎりまでも、来てくださり、「おしゃべりが楽しいからね」と、最後まできっちりと勤め上げられました。

檀信徒としてのお手本をいつも見せてくださいました。ありがとうございました。

お浄土から私たちをしっかり見守っていてください。

 

露の身は ここかしこにて 消えぬとも 心は同じ 花のうてなぞ

                          (法然上人御作)

 

 

                                                                          平成27年12月   生往寺 檀信徒