ホーム

今月のお言葉 1月 

草の戸に 賀状ちらほら 目出度さよ       高浜虚子 

粗末なわが家にも年賀状が届いて目出度い、とささやかな喜びを詠んでいます。

古代のエジプト、メソポタミア文明にも年賀の習慣があったと言いますが、

 日本での年賀状の歴史は、奈良時代までさかのぼると言われています。

 もともと年賀とは、古稀や還暦といった高年を祝うものだったようです。

 まずは今年も歳をとったことに素直に喜びたいものです。そして身近な喜びを再発見できる一年でありたいものです。

 

                                                                          生往寺住職

 

 

 

 

                       お問い合わせ