ホーム

今月のお言葉 9月 

順風として喜んでいる人が遇っている風は、                                           逆風として嘆いている人が遇っている風と、                                           まったく同じ風なのである。                              幸田 露伴                                             

 

先日、雨の降る中、小倉駅から歩いて家に帰る途中、台風の影響でしょうか、突風で傘が壊れてしまいました。それでも「台風が秋を連れてきたから涼しくなる」と感じました。

その「風」を表す言葉には、風の吹く強弱や、「秋風」など季節によって様々な呼び方があります。

その他にも自分の都合の良い風は「順風」、悪い風は「逆風」と言ったり、また風を神格化して「風神」とも呼んだりします。

人生にどんな風が吹こうとも、いつも自分にとって良い風と喜べるように過ごしたいものです。

 

 

 

 

 

                                        生往寺住職 安永 宏史                                                         

                                           

                                              

                                                                                                        

 

 

 

 

                       お問い合わせ