ホーム

今月のお言葉 5月   

 

 鎌倉を 生きて出でけむ 初鰹      芭蕉

 

 

  この季節になるとどこでも鰹が売られていますが、昔は鎌倉沖で取れた鰹を早馬で生きたまま江戸まで運んでいたそうです。もちろん値段も高かったようで、「初物を食べれば七十五日長生きできる」といって、江戸の民衆は競って初鰹を求めたといいます。今では近所のスパーで手軽に鰹を買って食せることに感謝したいものです。

生往寺住職 安永 宏史

                                                                                                                                                                                  

                                                                      

                                           

                                              

                                                                                                        

 

 

 

 

                       お問い合わせ